やっちわーるどから勝手に抜粋 by たけのぶ

北海道雪崩事故防止研究会主催の雪崩講習会に参加してきました。

手稲パラダイスヒュッテにスタッフ受講生あわせて50人近くが集まり、座学、実習など初心者向けとは侮れない盛りだくさんな内容をご教授いただきました。

今年はなんだか国際ガイドなどのプロガイドさんが受講生としてたくさんいたり、最近講演などでよくみかける消防の航空隊の方たちもいてなかなかすごいことになってました。 金曜昼にヒグチさんに早めに来て荷物運び手伝ってくれと電話が来たがバンケイナイターを滑りたかったのでお断りして、夜11時前にパラダイスイン。

土曜日はまず座学から。船木さんの低体温講義やらいろいろ。普段聞く講演はあんまり踏み込んだ内容には触れないので今回は聞き応えのある内容でした。メモ取りたかったけどパワーポイント操作係をやっていたためとれずじまい。しかもあんまり憶えてないという、私っておバカさん状態でした。

pieps.jpg

午後はビーコン訓練。自前のF1フォーカスと現役から借りてきたPIEPSのDSPの両方で練習してみる。アナロガーな私にはDSPにはじめ戸惑いましたが使って見ると楽でした。何よりも何も考えずに矢印に向かってダッシュすればいいので楽。レンジが2〜3mになったら後は液晶の数値を見ながらクロス法で絞ればオッケー。ちなみに矢印は電波誘導法に従って表示されていてまっすぐ走ればいいわけではないので猪突猛進タイプなあなたは要注意です。それからイヤホンはDSPにおいてはあんまり意味がなく、音の強弱で判断する必要はほとんどないと感じました。DSPについて他に感じたことは液晶部分を覆っているビニールがすぐ破けそう、受信モードのスイッチの固定力が弱くてちょっとした接触で送信モードにスイッチが切り替わってしまう(掘り出すとき服の中に仕舞い込んだら送信に切り替わってしまっていたということが今回一度あった)という感じです。

日曜は積雪断面観測、弱層テスト、埋没などを午前中に実施。断面観測はツボとスノーシュー、スキーでどれだけ雪に力が加わっているかなどを見ることができた。雪見ちゃん使った雪の観察は付属の雪の各種写真が印刷してあるプレートを見てもさっぱりわからなかった。要修行ですね。埋没は数年ぶりなのでなかなか楽しかった。

午後はあらかじめ設定された雪崩遭難状況(9人パーティーで3人雪崩に巻き込まれ一人はビーコンなし)でのこされた6人が捜索するというセルフレスキュートレーニング。わが班にはプロガイド2人消防1人がいたのでスムーズに行きました。ひとつの場所で2班が順番に行い計2回ずつ行うので自分たちの反省もしかり、人の振り見て我が振り直せということもできるわけです。これは結構良かったです。

そんな感じで二日間結構濃い内容のお勉強でした。まだまだ書きたいけどうまくかけないのでまたの機会に。

断面観察(インクをしみこませてバーナーであぶるときれいに層がでてきます)

danmen.jpg

栃内さん@ルッチブロックでジャンプ中

jump.jpg

添付ファイル: filejump.jpg 876件 [詳細] filepieps.jpg 904件 [詳細] filedanmen.jpg 845件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-07-22 (水) 00:00:00